今日は僅か、会社でやったイタズラの発言を……。
 会社のコーヒークリエイターに缶コーヒーを入れたのは俺です!(笑)
 …いいえ、特定の皆さんに悪意があった訳ではない…ですよ?
 ただの出来心です。事例の契機は、はじめウィーク程先だっただろうか…(登用決して初日ですね)
 俺はコーヒーが飲めません。
 それほど、初日に敢然と宣言したハズなのね。誰かが気を遣ってコーヒー注いでくれる事が無いように。
(いよいよオリエンテーション努力前の待ち時間にコーヒーを注いで持って来て頂いて、ヤバイ恐縮しながら断りました)
 なのに、あっという間に台の上に缶コーヒーが置いてあって。
 誰かがぽんと置いて単に忘れちゃったんでしょうけど。一先ず「これ誰のですか?」って声を掛けても、誰も答えないし。
 置いた自己も忘れてるか、偶々その場に居なかったのか。仕方ないので、給湯室の冷蔵庫に入れておいたのですよ。誰か飲むだろうと思って。
 そしたら、今日まで誰も飲まないので。
 …ですから。
 否、「ですから」ってのもおもろいんですが。
 兎に角。
「レインボーマウンテン投下!」とか言いながら、ポットにだばーっと(笑)
 …本来この後、最初にこういうコーヒー飲んだ個々が「今日のコーヒーはいつもより嬉しいなぁ」なんて言う、っていうマンガ的出店を期待していたんだけど、流石にそんな不可思議は起きませんでした。
 それでもバレもしなかったので、ちょこっと寂しかったです。それでここでネタバラシ。もう時効ですもんね!(笑)allonthesamepagebookstore.com